2009年08月22日

整体師と医者

今日も青空の北九州市からハッピーモーニング!!!

よく整体関係者の口から
お医者さんをバカにした話を聞きます。

「どうせ病院に行っても痛み止めと湿布だけ」

「電気治療なんかしたって・・・・」

「副作用のある薬ばかり出して・・・・」

挙句の果てに、

「病院になんか行っても治らない」

「俺達は医者が治せない症状を良くしている」

等と言い出す。

それは違うと思う。

もちろん、そんな酷い医者がいる事も否めない。

しかし、我々整体師にとっては未知の領域の
解剖学だとか、生理学をキチンと学んでいる。

もし自分や家族が骨折したり中毒症状が出たり
したらやはり病院に行く。

私も自分の病でお医者さんのお蔭で助かった事が何度もある。

話を振り出しに戻すと、
医者を見下した発言をするなんて!!言語道断!!

投薬の事に関して指示などしたら法律違反です。

少しくらい痛みを取る事が出来るからって
勘違いはしない様に自戒したい。

少なくとも私にとって医者は、尊敬すべき存在です。

家族が原因不明の嘔吐や高熱が続けば
すがる様な気持ちで病院に行きます。

みんな、いざとなったら病院に行くんです。

私達は病院や医者の事をとやかく言える程偉くないんです!

尊敬すべき人を敬わない内は、
決して自分が認められる事は無いと思います。



整体師は偉くなってはいけないんです!!

謙虚でなければ本物の整体師にはなれない!

謙虚でなければ不調者さんの気持ちがわからない!


と言うのが私の持論です。

最近よく自分に問いかけます

『驕りは無いか?』

かつて師から言われました。

『実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな』

ブログランキング応援よろしくお願いします。貴方のワンクリックが元気の源です!
banner_02.gif にほんブログ村 健康ブログ 整体へ にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

9月は北九州開催です!

整体院短期支援コース

下條校長の出版記念セミナーが開催されます!



posted by 林一郎 at 08:56| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。