2006年01月31日

達人コース本格始動

昨夜、静岡より戻ってまいりました。
今回は一週間の日程で達人コースを受講して来ました。

2日目から「目からうろこシリーズ」と銘打って日替わりで講義がありました。
第一回は「ぎっくり腰」の回復法でした。
まさに目からうろこの連続でした。
二回目以降は「四十肩、五十肩」「むくみ・じんましん」「頚椎症・首痛」「膝痛」「頭痛」
です。

今回習得した技を「基幹の型」と合わせて使えばかなり重症の不調者さんも回復させる事が出来ると考えただけでとても嬉しく感じた毎日でした。

後半の二日間は初めて研修所に泊まりました。一緒に宿泊しました窪井先生と復習も出来ましたし、受講していない講義のDVDもゆっくり観る事が出来ました。

二週間後にはまた静岡です。
45歳になってこんなに楽しくわくわく勉強が出来るとは思ってもみませんでした。
とても幸せです。

症例@ 406.jpg  症例@ 401.jpg

写真はホテルから見た朝日と研修所の風景です。
人体模型と同じ部屋で一人で寝ましたが、快適でした(笑)
posted by 林一郎 at 17:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい!すごく充実した日々を過ごされてますね(^^)私もみなさんの仲間に加わりたいですが、諸々の事情でそれができないのが残念です(><)
Posted by kuro at 2006年02月01日 11:49
kuro先生こんにちは。
先生には先生にしかない素晴しい技術があるじゃないですか!
お互いにいい刺激を与えあいながら前に進みましょう。
Posted by 林一郎 at 2006年02月01日 14:04
人体模型と寝たんですね。台所にも友達が居ませんでしたか?
今度「鱗シリーズ」の技教えてくださいね!
Posted by 諸岡辰美 at 2006年02月01日 14:30
林先生 こんにちは
先日はお世話になりました。
最近、あらためて人間というものの凄さを感じています。そしてそれを引き出す方法にもですが。
その凄さを不調者の方や皆さんと共感していきたいです。
ちなみに辰美先生の>台所にも友達が居ませんでしたか?
このコメントのせいで、私はビジネスホテルで泊まりました(笑)
Posted by おだ at 2006年02月01日 15:42
諸岡先生こんばんは。
寝たらバタンキューで朝でした。
ホテルのベットより快適でした。
台所の友人は私のイビキに驚いたようです(笑)

織田先生こんばんは。
素敵なコメント有難うございます。
研修所は広い風呂もあるしDVDで復習も出来るし、次回から一人でも泊まる事に決めました。
Posted by 林一郎 at 2006年02月01日 19:17
林先生、こんばんは!!
研修中はお世話になりました。個人的な事での相談にものっていただきありがとうございました!
今後ともご迷惑をお掛けしますが宜しくお願いします!!魔法の言葉まで教えていただき「有難うございました!!」
Posted by 千武会・窪井正彦 at 2006年02月01日 21:15
林先生、今晩は!
先生はいつも綺麗な写真を撮られますね?
感性が素晴らしい証拠ですね。
どんな技でも簡単やん!と言ってのける先生に
脱帽です。 今回もお先に3日から行ってきますね!それでは! 
Posted by 西村斉仁 at 2006年02月01日 21:22
窪井先生おはようございます。
魔法の言葉の威力は凄いですよ。
まさにツキまくりです!

西村先生おはようございます。
なかなか一緒できませんねo(_ _ )o
西九州のギャグオヤジの相手を宜しくお願いします(笑)
Posted by 林一郎 at 2006年02月02日 08:55
いいですね〜たくさん勉強できて。
羨ましいですよ、正直。
2月もしっかりと頑張っていきましょう。
Posted by 中野 at 2006年02月03日 00:42
中野先生おはようございます。
体験会成功おめでとうございます。
今月は確か一緒の受講だったと思いますので宜しくお願いします。
Posted by 林一郎 at 2006年02月03日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12564617
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。