2005年08月03日

正座すると痛む膝痛

今日は私より10歳も先輩の競輪選手が40日振りに来院されました。

(私の前職は競輪選手です。この話題に関しては後日)

自転車で生計を立てて30数年、今なお現役でバリバリ稼いでいる大御所です。
北九州では青年長です。
ギロッと睨まれて「もっと強く揉まんかい!」などと言われたら・・・・・。

先輩は数年来の常連さんですが、それだけに以前の施術法が気に入っています。

初回が勝負です!キッパリと「先月から揉む事、押す事止めました。」

ビックリした様子で「それで筋肉痛とか疲れがとれると?」

「もちろんですよ。今までよりも何倍も楽になりますよ」

「それでどんな事をするん?」

「痛みをとる事、疲れをとる事、とにかく受けてみて下さい。今一番辛い場所はどこですか?」

「膝、特に正座がまともに出来ない」
(これは半年程前からある症状で、どうしても治す事が出来ませんでした(涙)

約30分かけて全身の疲れと膝の治療をしました。

ちょっと正座してみて下さい。(ドキドキです)

「んっ、さっきより楽かもしれんけど、まだ痛い」

ここで肝心の手技を使っていなかった事に気付きました。

「もう一度ベットに腰掛けて」

2分程呼吸を見ながらクイックイッ。(○引法という手技です)

「もう一度正座して」

見事に正座が出来ました。

「痛みは?」

「無い!」

「疲れは?」

「とれた}

やったー!これで常連さんを失うどころか、さらなる信頼をかちとる事ができました。

今回の患者さんは私の施術を「マッサージ」と呼んでいましたので・・・・。

マッサージ感覚の人をいかに満足させられるか?それが判ったのが大きな収穫でした。
posted by 林一郎 at 19:18| Comment(10) | TrackBack(1) | 症例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい。
相手に満足???

常連・・・従来のひとに違うことして、違いを証明する。伝える。

またひとつ、ハードルを越えましたね。
という様子が伺えます。

「それでいいと」
Posted by 千田厚 at 2005年08月03日 19:48
嬉しい報告ですね(^U^)前、小森先生がコメントで「セミナーで学んだ事を上手く活用できるかできないかが問題」と言われてましたよね・・。本当に大収穫ですねっ!!私も今回勉強することを最大限に活かせる環境を作っていこうと思っています。だからベット断ったんですよ・・(^^)自分の治療スタイルにあった治療室を完璧に満足いくものにしたいんです。kuwa先生が自分の治療院をみて「ほんと〜いい治療院だよなぁ〜(><)」っていってるみたいに(笑)私も変わっていく自分に合わせて治療室もかえてあげたいと思ってます。私も「治療かえた?」ではなく、「一気にレベルUPした?」って言われるようにしたいんです!!
Posted by A3YK at 2005年08月03日 21:22
 「○引法」は僕にとって未知の手技ですが先生の治療の様子がしっかり伝わってきます!
 
 あと、プロフィールの「快福業」は最高ですね!!
 
 僕も使わせていただきます!!!
Posted by 千武会・くぼい at 2005年08月03日 21:48
今日の先生の投稿は、仕事の現場は真剣勝負!
そのような意気込みが伝わってきます。
この積み重ねが、難問奇問にぶつかった時生かされてくると思います。

よかったですね!
Posted by こもりひでのぶ at 2005年08月03日 22:03
いっぱいコメント有難う御座います。
千田先生に褒められると格別ですね。素直に嬉しいです。
A3YK先生がセミナーでどんなリアクションをするか目に浮びます。僕が見逃した事を教えて下さいね。
くぼい先生 「からだ快福業」いいでしょ!カイロプラクターでもないし整体師でもない。今度名刺を作り替えます。
こもり先生、初代校長に就任おめでとうございます!これから色々難関にぶつかる事もあると思いますが皆で力を合わせて頑張りましょう。
Posted by はやしいちろう at 2005年08月03日 23:55
おぉ〜、なんとあの曲者をやっつけられてしまいましたか!!これはびっくりでやんす。
目の前の患者さんをクリアしていきながらも、たまに来るであろう難病重病の方を治癒させることによって、いっつぁん先生のレヴェルはアンガールズくらい高いところへアップするんでしょうね。
初診の人の印象が、怪福業から快福業へと意識を変えていく様子が、これからいくつも見られるでしょうねぇ。
Posted by ジゴロ7 at 2005年08月04日 00:41
いっつぁん先生やりましたね!「マッサージ系」の患者さんを、「技」と「言葉」で納得させるなんて。いっつぁん先生の誠意あふれる対応が目に浮かびます。私の所にも、まだ癒しを求めに来るつわものがいます。参考になりました。
Posted by タツミ at 2005年08月04日 09:20
今回の症例も見事ですね。
現象復元の法則(1dayセミナーの内容)で10分間で終わってしまうのを30分して疲れさせず、かつ痛みを取ってあげて相手の信頼を勝ち取る・・・。あの2日間のセミナーやっぱりすごいのですね。
Posted by MDCマキ at 2005年08月04日 11:51
治療法変えた時の説明ってドキドキしますよね。
でも決断し実行すると意外とスムーズにいくみたいです。しかし痛みがとれてなおかつ気持ちいいってすごいですねー!
Posted by kuro at 2005年08月04日 12:14
ジゴロ7 さん、タツミ先生、私はいつからいっつぁん先生になったのですか?(笑)

マキ先生ありがとうございます。27日は羽田15時着の浅草泊です。都合がつけばお会いしたいですね。
k
uro先生にはぜひ一度私の施術を受けて頂きたいです。
Posted by はやしいちろう at 2005年08月04日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

交通事故後遺症で膝が曲がらない (年齢不明、女性、自営業)
Excerpt: 7年前正面衝突の交通事故に遭遇し、右膝(膝蓋骨)骨折、現在膝に痛みはないがそれ以来、右膝が曲がらず、正座ができない。 病院のリハビリは痛いことをするので途中でやめてしまった。また、右側の腰から足の裏に..
Weblog: ある治療家日記〜現象復元の法則〜
Tracked: 2005-08-03 22:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。