2005年08月12日

娘の治療

日の出11.jpg昨夜高校三年の娘から友達2人を診てほしいと言われました。

「どうしたと?」
「うん、1人は腰が痛くて、もう1人は肩こり通り越して痛いらしいよ。
うちのお父さんがそういうのを治せるみたいよって、言ったら予約したいって」

そこでフッと気がつきました。現象法を使って娘の体に触れた事がなかった事に。
「志桜里はどこかコッたり痛い所は無いと?」
「あるある。もう背中がたまらん。」
「ちょっと診てみようか?」
「でもお金を払わないけんのやろ?」←〈払わなくてはならないのでしょう〉方言丸出し(笑)
「いいから寝てごらん」

実際に検査してみてびっくりしました。
骨盤の捻れ、腸骨稜の高さ、肩の高さのズレ。額関節の異常がありました。
肩甲骨内側と首を横に倒した時の上部僧帽筋の痛みが顕著なのを確認しました。

骨盤の調整した後、捻転法をしている時に娘が言いました。
「おとうさん、骨盤のズレは治るの?」
「一回で治るかは分からんけど、必ず真っ直ぐになるよ。」
「何回か治療してもらいたいけど、家族割引とかしてくれる?」
「いいよ。志桜里だけ特別に5百円」
「ホント!こんなに気持ち良くて治るならお金払う!」

最後に動作の確認。首を傾けていくうちに
「うっそー、全然痛くなーい」
「揉んだり押したりしてないのに、不思議やろ!?」
「うん!凄〜い。友達にも説明しとくね。」

年頃の子供、最近会話も減りがちでした。最高の形のスキンシップを取ることができました。なによりも、父親の仕事を理解してもらえた事が嬉しかったです。

数週間前にも、娘の行きつけの美容室の店員さんを紹介してくれたし、意外に口コミは身内から?
posted by 林一郎 at 15:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
身内に自分のやってることを理解してもらうと
すごく嬉しいですよね。以前僕の両親は僕の仕事のことがよくわからなかったらしく、日常生活での注意点とか言っても聞く耳持たずって感じでした(僕の実力不足ですが・・・)。そこで第3者を利用して理解させようと思い「I研究所」に連れて行き検査だけ受けさせました。するとI先生の親切で的確な説明で僕がこれからしようとしてることが一瞬で理解できたそうです。それから両親は僕を応援してくれてます。身内ってありがたいですねー。
Posted by kuro at 2005年08月12日 17:26
あっ!!コメント1番のりですね(>U<)ちょっと嬉しい・・(笑)
うちのマダムが前・・
「治療して治ったとき、自分の自慢のようにその治療院の事を思うっちゃん!!だから、痛みがある人を見ると、伝えずにはいられない」って言っていた事がありました。
シオリちゃんは、もうお父さんの事を自慢してますね〜(^0^)口コミは身内からですね!!
私も何度も優秀な営業マン達(マダム&妹弟&おばちゃん&おばあちゃん)に感謝しました・・(笑)教訓にしなくちゃ(^0^)
Posted by A3YK at 2005年08月12日 17:38
さすがkuro先生、難しい説明ではなく第3者を利用するあたり効率がいい!最近、重症のお袋も治療始めました。まだ正座が出来ません。今度会った時色々アドバイスお願いします。

A3YK しゃん、一番のりじゃないですよ。
おおばあちゃん元気になるといいね。
Posted by はやしいちろう at 2005年08月12日 19:14
執刀しないブラックジャック目指して
がんばってください。
Posted by ジゴロ7 at 2005年08月13日 00:18
皆さんの身内は立派な営業マンに、成長されたんですね(笑)私もちゃんと教育せねば・・・
Posted by タツミ at 2005年08月13日 08:48
先生、良かったですね。
この仕事をしてると一般の家庭より家族との
スキンシップが取れますよね。
ほんとにいい仕事ですね。
Posted by にしむらなりひと at 2005年08月13日 10:23
家族とのスキンシップに指撫法は最高ですね。
楽なのに効果が高いですしね。
私も長男に毎日してあげてます。
私も長男から施術料取りたいです。
Posted by MDCマキ at 2005年08月16日 11:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5825824
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。