2005年09月04日

ふくらはぎの痛み

高校3年生の男子です。

揉む事を止め復元法のみに切り替えてすぐに来院して以来です。(7月下旬)

その時は時間も短くなったし、オイルマッサージもしなかったので、やや不満そうでした。もう来ないかなと思っていた1人です。
治療室に入って来る時の足取りが変です。
主訴は下肢痛で歩くのが辛そうです。
聞くとカーフレイズ(ふくらはぎを鍛えるトレーニング法)のやり過ぎで痛めたようです。

骨盤調整、触圧、指撫法とやっていくとすこし顔が歪みました。
軽く撫でるだけでも痛いと言います。
痛くない程度の指撫法と、原○法をしました。
ヒラメ筋起始部は触れただけで痛がるのでアキレス腱部分だけに横○法をしました。

歩いてもらうと痛みは変らずでした。
痛めたのは3日前でしたのでぬるめのお湯での入浴と翌日の完全休養を指示しました。
彼は10月に競輪学校の試験を控えています。
同席した父親は休ませる事に難色を示しました。
なんとこんなに痛めている当日でさえ練習帰りだそうです!
明日、痛みを我慢してトレーニングさせると治りがかなり遅くなり試験に影響しますよと脅しました所、渋々了解(笑)

自己療法を教えました。

翌日、再度来院。昨日より痛みは軽減しているのは歩き方でも判りました。
ただ本人は軽減した痛みより残っている痛みを訴えていました。
昨日より強めの指撫法でも痛みは感じない事を確認。
ヒラメ筋起始部を軽く抑えても痛くないのを確認させて初めて本人も回復に気が付いたようです。
昨日と同じ回復法、特に原○法を念入りに行いました。
あと一日の完全休養を指示した所、本日は父親も快諾しました!

今回指示した自己療法と注意点

*指撫法・・・・痛みのでない強さで、30分以上空けて何度でも。

*痛みのでる動作をしない、確認しない。(押えたり、伸ばしたり)

*温めの風呂にノンビリと入り睡眠は7時間以上とる。

*鎮痛の塗り薬、貼り薬禁止。

*ストレッチ、マッサージ禁止。

*完全休養の徹底。

*蛋白質を良く噛んで。(サプリ併用可)
posted by 林一郎 at 18:01| Comment(7) | TrackBack(2) | 筋肉痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未来の競輪選手は、いちろう先生の腕にかかってますね。親御さんを納得させたのも素晴らしいです。アドバイスも参考になりますね。
Posted by タツミ at 2005年09月04日 19:05
親と同伴の高校生を数人診ましたが何れも休み無しの「根性、根性!頑張れ、頑張れ!」の親達でした。
それは仕方ないとしましょう。

でも指導する側の監督やコーチにはもっと勉強してほしいですね!!

人を指導する。

ましてや将来ある子供を指導する。

責任者の方はそれなりの覚悟や責任を持って、大きく育ててほしいです。

ひょっとすると、その一言はその子の人生を変えるかもしれないのですから。
Posted by はやしいちろう at 2005年09月04日 23:52
はやし先生、おはようございます!
「身体を休めること」=「罪悪感」
今の時代にもあるんですね・・・
トレーニング法はどんどんレベルアップしているのにメンテナンス法は変わらない・・・僕も勉強します!
Posted by 千武会・くぼい at 2005年09月05日 08:34
自らの経験論だけで、全く勉強しない親や指導者が多過ぎます。
そういった人達を指導するのが我々の役目だと思います。
Posted by はやしいちろう at 2005年09月05日 09:40
子供ってお父さんや、お母さんのことが好きやから期待に答える為に、本当に一生懸命やってるんですよね!でも、すぐ親や指導者は完璧を求めちゃうので子供がかわいそうです。休養して大事な事を学ぶ時がたくさんありますよね。先生の言われるように絶対に休養は大切ですよ・・・
Posted by にしむらなりひと at 2005年09月06日 18:20
にしむら先生おはようございます。
休養、睡眠の大切さを忘れている人が多いですよね。健康不調者を指導する立場の我々でさえ十分な睡眠がとれていない事が多いです。でもこれって、本当に健康を壊さないと解らないのかもしれませんね。
Posted by はやしいちろう at 2005年09月07日 08:52
当日も練習してから治療に来るなんてすごいですね。親の気持ちが分からないわけでもないですが・・。今この方はどうなんですかね?
結果が知りたいですね。
Posted by まき at 2005年09月20日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

左の足首が力が入らず、動かない (33歳・男性・会社員)
Excerpt: 検査時、左足首を動かすよう指示しましたが、全く動かすことができませんでした。本日も車の運転ができないため、奥様に連れ添われて来所されました。 検査の結果、腰を曲げた状態でのみ、足首が動くことが判明しま..
Weblog: ある治療家日記~現象復元の法則~
Tracked: 2005-09-09 10:30

痛みが解消されても信じられないという不思議な光景
Excerpt: 膝が痛くて、正座ができなかった男性が、治療がおわると正座をしているにも関わらず、「あそこか?」「ここか?」と痛みを探しているときもありました。 治療所で痛みが解消された人でも「信じられない!」という人..
Weblog: ある治療家日記~現象復元の法則~
Tracked: 2005-09-09 10:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。