2005年10月11日

寝違い 男性 28歳 会社員

★いつから症状がで始めたか

 2日前。
 朝起きた時から。

★どのような症状か

 横を向く事が出来ない。上向き、下向きも痛い。
 寝る時と起きる時がつらい。

 首を痛めた日に、他院(カイロプラクティック)に行き矯正してもらった所、左右に首が全 く動かなくなった。
★治療の内容と結果

 ベットに寝起きするのが辛いと問診で言われていましたので座っての快復作業となりました。

 検査では前後左右全ての方向に痛みが走ります。

 骨盤調整のあと、首と肩甲骨の内側に回復作業をした所、左右の可動に改善がみられまし  た。その後数回、同作業を繰り返し横を向くのに不自由を感じなくなるまで快復。

 
 翌日は四つん這いの姿勢で首の前後運動回復を目的に作業。
 次に立位で回復作業。
 前後の可動域がほぼ回復したので頚部を支えながら仰向けに。
 この動きに痛みが出なかったので、頚椎に回復作業。
 ゆっくり起き上がってもらった所で痛み無くなったのを確認してもらいました。

★コメント

 よく話を聞きましたところ、最初は痛いながらも首は動いていたそうです。治療院に行き、まず緩める為にと念入りに揉まれ、アジャスト(ボキッ)されたそうです。
痛かったけどその場では、スーっとして首の動きも一時的に良くなったとのことです。
しかし帰りの車の中ではすでに右も左も向けなくなったそうです。

なぜ揉んだり押したりしてはいけないかを丁寧に説明しました。


福岡県北九州市小倉北区黒住町23−11

からだ快福クラブ北九州


福岡県北九州市門司区中町1−30

からだ快福クラブレデイース整体門司
posted by 林一郎 at 19:14| Comment(10) | TrackBack(0) | 寝違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前は、そういう施術を行っておりました。
今、思うとぞっとします。
早くにこの回復法に出逢えて本当に良かったです。
Posted by 西村斉仁 at 2005年10月11日 19:53
回復するために施術を受けたのに悪化する方。
当方にも他で悪化して来院される例があります。
なぜ揉んだり押したりしてはいけないかを理解していただくのは大切ですね。
自分への再認識となりました。
Posted by なかの at 2005年10月11日 23:26
★西村先生、おはようございます。
僕達は既存の療法の間違いに早く気が付いて幸せなんですよね!

★なかの先生、おはようございます。
他院で悪化した健康不調者をバンバン回復させていきましょう!

Posted by 林一郎 at 2005年10月12日 08:25
本場のカイロでは、リスティングしてずれた骨を矯正するだけなのが、巷のカイロでは、「矯正する前に筋肉をほぐす」とか言って揉むんですよね。その行為が悪化させてるのに!
と同じ事を以前は私もしてました(汗)
Posted by タツミ at 2005年10月12日 08:52
モム等の行為を今までしていた私は、患者さんに辻褄が合わず、上手く説明できない自分を情けなく感じてます。割り切りが大切なんですね。きっと。
HP拝見いたしました。
私もHP作成しようと決心致しました。
Posted by すこやか やまだ at 2005年10月12日 09:57
★タツミ先生こんにちは。
著名なカイロプラクターもモーションパルペーションと称して揉んでいました。でもあれは治療ではなく、慰安です。

★山田先生こんにちは。
今日の夕方、カイロベットを業者が引き取りにきます。もう揉むことは2度とないと思います。
僕達に今一番必要なのは「勇気」です!
Posted by 林一郎 at 2005年10月12日 12:51
私も早く回復法のみで治療ができるようになりたいものです。
指は痛いし、疲れるしで、自分が不調者になっています(ToT)
Posted by にしだ at 2005年10月13日 01:04
にしだ先生おはようございます。
「揉んだり叩いたりがなぜダメなのか」を理解した時、揉む事に罪悪感を覚えるようになりました。
揉むのを止めたというより、揉めなくなったというのが正直なところです。
Posted by 林一郎 at 2005年10月13日 08:15
■この動きに痛みが出なかったので、頚椎に回復作業。

回復してよかったですね!

このように技術セミナーの手法でも十分に頚椎に有効な方法があります。

しかし、頚椎に対する既存の整体やカイロプラクティックの施術はとても危険を伴います。

他流派の先生は頚椎は怖くて触れられないといっている方も多いと聞きます。

実際回復法であっても、しっかりと現象復元の法則を理解した上でないと絶対安全とはいえません。

回復法には頚椎に対する手法は相当数あります。
是非、諸先生方に多くを指導したい部位でもあります。

林先生のように他の手技から完全に回復法に切り替えている方が本来の回復法の効果を発揮します。

アカデミーボディスクール 校長 小森秀信
Posted by アカデミーボディスクール 校長 小森秀信 at 2005年10月14日 10:00
こもり先生コメント有難う御座います。
本日とても嬉しい事がありました。
バスを2回乗り継ぎ1時間かけて来所される75歳の健康不調者さんがいます。(5回目)
「今日は家を出て1度も足が痛くなかったです。」
何度も「ありがとう」と言われ、とても幸せでした!
Posted by 林一郎 at 2005年10月14日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7994150
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。