2008年02月16日

臨床現場でAPPE

こんばんは、林です。

臨床現場でAPPシリーズ最終回です。

これは紛れもない事実です。

この事実から私は目を反らす事が出来ません。

この事実を世に知らしめる事が出来なかったら、私の生きている意味が薄れてしまします。

特に臨床現場で働いている方や重症患者を抱える家族の方に知って頂きたいです。

---------------------------------------------------------------    

8月31日(金)16日目
11時30分 昨日と同じ施術実施
       両手、特に母指が硬くなっている感じをうける。
朝自然便あり

9月2日(日)17日目
朝9時20分  両上下肢施術

9月3日(月) 18日目
13時50分 P123
       R19
       SPO2  94パーセント
       胸部の静圧中  SPO2 95〜96パーセント     
14時05分 両上下肢施術、両手指先、足先の内外転、両膝を左右に移動
       SPO294パーセント
       P107
       R17
19時30分 両上下肢施術、両手指先、足先の内外転、両膝を左右に移動。
       左膝の施術時が一番リラックスしている印象を受ける。

療法士(OT)より頚部の支持が出来たとの報告あり

9月5日(水) 19日目
11時30分 両上下肢の軽圧、軽擦法
両手足の指先の回転、膝を左右に移動
20時30分 両上下肢の軽圧、軽擦法
両手足の指先の回転、膝を左右に移動
今朝は頸の支持を時間的には分からないが今までよりも長く行えたとのこと。

9月7日(金) 20日目
20時30分  両上下肢の軽圧、軽擦法
両手足の指先の回転、膝を左右に移動

9月11日(火) 21日目
13時20分  両上下肢の軽擦圧、軽擦法
両手足の指先の回転、膝を左右に移動

9月13日(木) 22日目
9時50分訪室
作業療法士が訓練中、右上肢の挙上訓練で顔面は痛い表情で眉間にしわを寄せていた。
私は左上肢の軽圧と軽擦法を施術し、その後療法士によって左上肢の挙上訓練を実施。まったく
痛い顔の表情はなかった。その後私はその後右下肢の軽圧と軽擦法実施後、療法士によって訓練となったが、いつもは右下肢を外転させると左下肢がついてくるが今日は付いてこないということであった。またいつもより軟らかいとのことであった。その後、私は軽圧と左下肢の軽擦圧と軽擦法を実施、その後療法士による訓練の実施となったが、痛い顔の表情はなかった。
療法士による訓練と私の施術を同時に実施されたことになった。
療法士、母親とも表情について驚きがあった。

9月は連日で実施できる日は少なかった

10月2日  23日目 
訪室すると唇を噛み潰瘍が出来ている状態で、緊張が強くなっている。
両上下肢の軽圧、軽擦法実施(PM)

10月3日  24日目
母親か朝の訓練で体が柔らかいといっていたと報告あり。
両上下肢の軽圧、軽擦法実施(PM)
自然排便あり。
まだ唇をかんでいる。

10月4日  25日目
緊張は10月2日に比べ取れている。
唇をかむことは無くなった。
自然排便あり。
両上下肢の軽圧、軽擦法実施(PM)
両足尖の冷感がだんだん取れてくる。 (母親とともに確認)

転院まで数回の施術実施

10月17日転院

 9月後半より10月退院まで、施術回数が少なくなり、唇を噛む状態や熱が出たりした。しかし、施術回数が頻回となると効果がよりよく出てくることが分かった。意識のない患者であった為、かえって取り繕うことがなく、施術中、後の反応がよくわかった症例であった。
 今回は主治医の許可を得て実施でき、又病棟の看護師も効果を実感できたと考える。医学的には頭部CT、MR,脳波結果はは前院での検査と変化はないと判断された。しかし2ヶ月に渡りAPP法を実施した結果、患者の反応をみる限り効果はあったと考える。
今回ご協力いただいた林先生に感謝いたします。

---------------------------------------------------------------
こてがF先生から頂いたレポート全てです。

今、私に何が出来るか?

それを真剣に考える機会を頂けた事に感謝します。

F先生、これから力を合わせて日本を変えていきましょう!

ありがとうございました。

banner_02.gif
↑本日もまた人気ブログランキングへポチッとよろしく!
あなたのワンクリックが元気の源です

自分を変えたい方はこちらからどうぞ。



posted by 林一郎 at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床現場でAPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

衝撃の事実(臨床現場でAPP)D

こんばんは、林です。

臨床現場でAPPシリーズ第5弾です。

これは紛れもない事実です。

この事実から私は目を反らす事が出来ません。

この事実を世に知らしめる事が出来なかったら、私の生きている意味が薄れてしまします。

特に臨床現場で働いている方や重症患者を抱える家族の方に知って頂きたいです。

〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



8月24日(金) 11日目
AM 施術
PM 施術
  看護師より
  点滴時右足を曲げて保持していたとのこと。
  左膝を屈曲させ保持可能を確認する→就前に行ったときは不可。

8月25日(土) 12日目
20時30分 背部を除き施術実施
 体が硬い。

8月26日(日)
施術実施せず。
 自然便あり。

8月27日(月) 13日目
10時30分 P102
       右左上下肢施術実施
       右膝を屈曲し保持している。
       右足趾は伸展している状態である。
       左足趾は屈曲している。
11時    P95
18時30分 経鼻栄養中
       右左上下肢施術実
       右足趾は伸展状態である。
       今朝、本人友達の母親が声をかけたら必死にそちらの方を向こうとしたとのこと。
       この人の面談の時はいつもこうなるとのこと。
       酸素吸入中止となる(DR.指示)

8月28日(火) 14日目
AM 両上下肢施術
   両肩施術(上腕回転筋弛緩回復法)
    両肩の回転は重い 右より左肩が重い。
   左右足趾は伸展し力ははいっていない。
   自然便あり
   P104→84(施術後)

PM 両上下肢施術、背部施術
   両肩施術
    右肩、左肩の回転は重いが顔つきから痛い様子は受けない。
   盛んに欠伸あり 呼吸困難なし。
   施術直後に閉眼する。
   先週の金曜日に前病院関係者の来院あり。
    顔つきが全く違うとのこと

8月30日(木) 15日目
11時30分 右左上下肢、肩施術実施
      動きは右肩>左肩
      閉眼なし。
      朝自然便あり。
これまでの変化
体位の変化:除脳硬直様の体位は見られなくなった。
      体の緊張が一時的に刺激をする際には見られるが、低下している。
      両肘、手関節は屈曲外旋していたが伸展する。
      両手指は硬く閉じていた状態から軽く伸展させている。
      両第1指は屈曲しているが他動的に伸展が容易に可能である。
      両膝の屈曲が容易になった。
      両膝を屈曲させるとそのまま保持ができる時とできない時がある。
      両足趾は伸展している。
      両下肢足尖の接触がなくなる。
表情の変化:話中に流涙が見られた。
      顔つきがはっきりしてきた。(家族、前病院関係者すべての感想)
      目を大きく見開いたりする。
目に力がついた。(母親より)
      唇を噛むことがなくなる。
      唇から痛いと読めることがある。
      大きく口を開けるようになった。
      よく口を動かすようになった。
その他   自然排便となった。

〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

こんな奇跡とも思える施術結果が出せる回復整体を仕事としている事に誇りを感じます。

回復整体に興味のある方はバナーより学院HPを御覧下さい。





banner_02.gif
↑本日もまた人気ブログランキングへポチッとよろしく!
あなたのワンクリックが元気の源です
posted by 林一郎 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床現場でAPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

衝撃の事実(臨床現場でAPP)C

おはようございます、林です。

本日、快福クラブは休日ですが・・・・。

午前中は沖縄から来ている吉田先生の事前指導。

午後はAPP体験会です。

それでは前回の続きです。

感動の内容なので是非最後まで読んで下さい。

〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜


8月20日(月) 8日目
朝より 2回自然便あり
14時20分 P114
       施術開始
14時40分 P108
看護師より
 左側臥位時に頚が後にそることがなくなった。

8月21日(火) 9日目
11時25分  P104
       両上下肢背部の軽圧、軽擦法実施
       背部実施の際は閉眼する。
       P96
       体は柔らかくなる。
       左手で左頬、右手で右頬を介助にて触ってもらう。
       作業療法士より 今日は体が硬かったとのこと(痙性が強かった)
       昨日気管カニューレの交換を実施。体とのなじみがないような感じを受ける。
17時30分  P110 
       施術中 SPO2 100%
       両上下肢背部の軽圧、軽擦法実施
       右拇指屈曲位より簡単に伸展位にできる。
       見舞い客より
        顔がしっかりしてきた
        目を動かす  との感想がある。
       理学療法士より
本日は頸の支えが出来なかった。

8月23日(木) 10日目
看護師カルテ記載より
P104
吸引後に顔が紅潮し涙ぐむ様子がみられる。以前は吸引時苦痛表情であったが吸引後は無表情であった。表情に変化が見られる。
医師記載
全体的に四肢muscle tonus やや↓
AM
本日自然便あり。
施術は背部を除いて実施する。
母より
 昨日は施術する時間が遅かったためか、そのまま夜間もぐっすり眠っていたとのこと。
作業療法士より
 最近は口を大きく開けるとのこと。

PM 20時
看護師と母親より
 こんな体になったらだめよと2人で話していたら涙ぐんだとのこと。
母親より
 最近はくちびるを噛まなくなったので唇がきれいになった
 朝のリハ訓練が一番痛い表情をする 
口を大きく開ける

気管切開部より吸引時、緊張をして体が硬くなるが体の硬さが継続することはない。
背部の施術時が一番リラックスしていると感じる。

                 ≪次回へ続く≫

banner_02.gif
↑本日もよろしく人気ブログランキングへポチッとよろしく!
あなたのワンクリックが元気の源です。

APP法に興味のある方へスクーリングの案内です。


続きを読む
posted by 林一郎 at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 臨床現場でAPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

衝撃の事実(臨床現場でAPP)B

前回からの続きです。

専門用語ばかりで分かり辛いかもしれませんが、医療従事者の方が見れば、驚きの内容だと想います。

この事実から目を背ける事は私には出来ません。
このレポートが常識を変えるかもしれません。

〜ここから〜

8月17日(木)  5日目
朝 師長より 顔の吹き出物が少なくなった(毎日母親が清拭、薬を塗布している)
母親より リラックスした顔つきになったとの話しがある。

10時55分 P86〜90
11時07分 施術開始
       途中P84 R13回
11時40分 自然便あり
15時    高圧酸素療法
17時    PT訓練見学
       訓練中唇を噛む事はなかった。
       時々 眉間に皺を寄せることあり。
       座位となり頚を自分で保持できる(。数秒間)
 母親より 朝の訓練中、口を開いて舌を動かし、歯を見せて いたーい と動かした。
       (初めて人間的表現をした)
       夜間、頚を上げていた 頚が垂れることなく上がっていた。
       前の病院スタッフが訪問した際に
       体が柔らかくなった。
       顔つきがもとの写真のようになったとの感想があった。
 作業療法士より
       体が柔らかくなった。
       頚の支持が強くなった。
       口を動かしたのは母親の過剰反応ともとれる?
 理学療法士より
       体が柔らかくなった。
       頚が保持できるとは考えていなかった。 以前は座位にして頚が倒れないように支えが必要だった。  明らかに変化がでてきた。
 父親より 目の瞳が小さくなった。

8月18日(土) 6日目
10時 右左上肢下肢を軽圧法と軽擦法で実施後、母親に指導(1時間に1回の割合で実施してもらう)
   P102 SPO2 95
   本日は背部の軽圧と軽擦法を実施 閉眼することはなし。
   座位にして頭を自分で約1分程度支持できる。
   自分で首を支持するときは両目を大きく開け眼球は上を向く。
   顔は右をずっと向いており、(母親がいる方向)、突然涙を見せ泣き出す。約数分間。
   唇をかむことはない。体を触ることはしていない。

8月19日(日)  7日目
本日はリハ訓練、タンクなし
10時10分 BP125・71
      P 89
      SPO2 97%
      
両上肢下肢 軽圧と軽擦法実施
背部    軽圧と軽擦法実施
常時目を閉じた状態で両上肢下肢ともに力は入っていない。
P80
90度近い座位にするが首の支持は出来ず前に倒れる。
両下肢は外側へ他動的に簡単に移動させることが出来た。

母親より
昨日は軽擦法を行ったとのこと。
                  ≪次回へ続く≫

banner_02.gif
↑本日もよろしく人気ブログランキングへポチッとよろしく!
あなたのワンクリックが元気の源です。

APP法に興味のある方へスクーリングの案内です。続きを読む
posted by 林一郎 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床現場でAPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

衝撃の事実(臨床現場でAPP)A

こんばんは、林です。

臨床現場でAPP法、前回からの続きです。

8月15日(水)  3日目
6時30分   BP(血圧)119/77mmg
        P(脈拍) 100回/分
        SPO2(血中酸素濃度) 97%
11時45分  両上肢下肢静圧法、軽擦法実施
12時     入眠する
12時15分  施術終了  P84

14時10分  両上肢下肢軽圧法、軽擦法実施
        両肘を動かすと柔らかい(屈曲、伸展が楽に可能となる)
14時40分  両手指が伸展可能  右>左


病棟師長、看護師より寝衣が着せやすくなったとの発言がある。
理学療法士より屈曲と伸展は、最初は硬いが数回すると柔らかくなる。
家族は両手が開いていることに驚く。
高圧酸素療法のためにストレッチャーに移動する際に徐脳硬直様の体位をとる。

8月16日(木)  4日目
10時30分  P104〜106
両上下肢施術
両上肢は肘が伸びる。
右手指は屈曲から伸展、 左手指は1度伸展するが再度屈曲する。
11時10分  P94
母親より
昨日、理学療法士が体が柔らかくなったと言っていたとのこと。
両足が緊張し接触していたのが昨日の高圧酸素療法の後から開いている、離れるようになった。

14時10分  P115
14時15分  施術開始
14時30分  P100
14時40分  自然便あり
        両肘、両膝の屈伸、両上肢の挙上を実施したが眉間に皺がよることはなかった。
15時50分  高圧酸素療法へ
        移動時より両手指を硬く握り締め、両下肢を伸展させるが両肘が屈曲すること    
        はない。
母親より
最近、唇をかむことがなくなった。
                       ≪次回へ続く≫

banner_02.gif
↑本日もよろしく人気ブログランキングへポチッとよろしく!
あなたのワンクリックが元気の源です。

APP法に興味のある方へスクーリングの案内です。
続きを読む
posted by 林一郎 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨床現場でAPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

衝撃の事実(臨床現場でAPP)

こんにちは、林です。

本日から数回にわたって、ある先生から頂いたレポートを転載していきます。

ある先生とは福岡県内の大きな病院で働く現役看護師Fさんの事です。
昨春のAPPスクーリング終了生なのでF先生と呼んでいます。

ある総合病院で・・・・。

現役看護師が・・・・。

担当医師と病棟長と家族の同意を得て・・・・。

病室内でリセット療法を施した衝撃のレポートです。
ここよりF先生のレポートです。

 その前に(笑)
banner_02.gif
↑本日もまた人気ブログランキングへポチッとよろしく!
あなたのワンクリックが元気の源です。

続きを読む
posted by 林一郎 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 臨床現場でAPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。