2005年08月19日

椎間板ヘルニア

51歳 男性  5年前に腰椎椎間板ヘルニアの手術
左下肢外側 膝から外くるぶしにかけて常に痺れがある。
定期的に整形外科を受診し、医者からは痺れは一生治らないと言われているとのこと。

この男性は数年来の患者さんで、今回は2ヶ月振りの来院でマッサージ目的でした。

IMG_8870.jpg

復元法のみの施術に切り替えて初めての来院です。
揉なない、押さない理由等を説明する私に少々困惑気味のようでした。

腰に関してはずっと同じ姿勢でいた後に動く時が痛い程度で、前屈、後屈、側屈、回転すべてスムーズです。
動作で痛みがあれば、この療法の素晴らしさを伝えるのは簡単ですが・・・・。

まずは、骨盤調整と背骨を真っ直ぐにする方法をした後、患者さんの希望である疲れを取る為全身を施術しました。

痺れを何とか変化させたかったので、原位法そして膝から下に横○法をしました。

そして自信を持って(本心はドキドキ)「痺れはどうですか?」

すると足首を曲げたり伸ばしたりしながら「???」「今は無い・・・」

やったー。奇跡です。いままでの療法では全く改善できなかった。医者も治らないと言った痺れです。5年続いた痺れです。

それがたった一回で!

でも患者さんは言いました。

「でも治ったわけではないんだろ?」

仮に一時であれ、5年間続いた痺れが消えた事の素晴らしさ、これからの治療の大切さを伝えました。(熱く語りました)
変化があったということは治るということです。


以前、村松先生から「痺れの原因は疲労です」と教えられたことがあります。
「リウマチは極限の疲労状態」とも聞きました。

疲労をとると、痛みや痺れを解消できることに確信がもてました。

医者が最新の設備や薬、執刀技術をもってしても治せない痺れを手だけで治せるんです!

「リラクゼーションセミナー」を受講して本当に良かったと感じた一日でした。




福岡県北九州市小倉北区黒住町23−11

からだ快福クラブ北九州

続きを読む
posted by 林一郎 at 10:40| Comment(12) | TrackBack(11) | 椎間板ヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。